2010年05月21日

<新型インフル>神戸大流行は異なるウイルス 感染経路は別(毎日新聞)

 渡航歴のない神戸市の高校生から全国で初めて新型インフルエンザのウイルスが検出されて16日で1年。この高校生たちから検出されたウイルスと、神戸市内全域で感染者が確認された6月以降のウイルスの遺伝子が異なっていることが、神戸市環境保健研究所の調査でわかった。6月以降に蔓延(まんえん)したウイルスは、別の複数の経路から侵入したことを示す結果という。

 研究所員の森愛さん(36)=ウイルス学=らは昨年神戸市内で採取した検体のうち、5〜8月の患者の検体28人分を抜き出して比較した。ウイルスを構成する遺伝子の塩基配列を調べたところ、5月に感染した高校生8人は塩基配列がほぼ一致。6〜8月の20人はいずれも異なり、5月の8人とも違った。この結果から6月以降の流行は5月の患者から広がったのではなく、別の複数の感染経路があった、と結論づけた。

 神戸市内の患者数は、5月中は多い日は1日30人を超えたが、その後減って6月になると1日5人以下に。同11〜22日は海外渡航者の2人だけだった。その後7月から再び増え始めて冬まで流行が続いた。国立感染症研究所は、6月の患者数減は、5月中の休校が功を奏したとみている。

 森さんは「一度はウイルスを抑え込めたことで、適切な対策だったことが証明できた」と話している。【野田武】

【関連ニュース】
新型インフル:患者情報の対応分かれ 都道府県調査
新型インフル:国内確認1年 感染伝達、患者は最後
新型インフルエンザ:ワクチン234万回分、廃棄へ 厚労省、対策を検証
新型インフルエンザ:ワクチン接種は2278万人
クローズアップ2010:新型インフル、発生1年 初動対応に課題

人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を(産経新聞)
小沢おろし狙い? 玄葉氏新グループ(産経新聞)
<口蹄疫>種牛も感染疑い 49頭、初の殺処分(毎日新聞)
鞆の浦埋め立て架橋問題 住民対話集会が初開催 広島・福山(産経新聞)
公務員法案、午後に衆院通過=自共み、内閣委員長解任案を提出(時事通信)
posted by トミザワ タカシ at 15:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。