2010年03月26日

社民党、同意人事案に賛成の方針決める(産経新聞)

 社民党は25日、党本部で常任幹事会を開き、政府提出の同意人事案について党として同日の衆院本会議と26日の参院本会議で賛成することを決めた。同党は原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹東京大大学院教授を起用する案に難色を示していたが、これまでの平野博文官房長官との協議で、同意人事について与党内で意思疎通を図る仕組みを検討することで合意したため賛成に転じた。党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は23日の閣議で同意人事案の署名に応じている。

【関連記事】
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
鳩山政権半年 「小沢独裁」に決別の時 腐敗是正と国益重視で結集を
“脱官僚”崩壊 「適材適所」と開き直り
焦点は「小沢氏の進退」予算成立で参院選まで4カ月

【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(5)繰り返される薬害、教訓に(産経新聞)
「これが健全な組織か」 生方氏、解任不服申し立ても(産経新聞)
「考えに変わりない」小林氏、改めて辞職を否定(産経新聞)
「供給過大」の訴え退ける=府相手の基本水量訴訟−京都地裁(時事通信)
覆面パトカーとバイク衝突=女子大生が重傷−三重県警(時事通信)
posted by トミザワ タカシ at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。